taizona℠.info

taizona.info > text

鹿児島語(薩隅語)について

2014-11-05

URL:by.taizona.jp/avMh

鹿児島県本土の鹿児島語(薩隅語)について。

なお、筆者は大隅半島側の霧島市在住なので、筆者の解る鹿児島語は、大隅寄りの鹿児島語なのかも知れません。

薩摩半島の北部・熊本県に接したあたりや、南端指宿・枕崎のあたりの生の鹿児島語は、それほどよくは分かりません。

これらは、主に@taizona@taizona_langtweetされたものです。 後者のアカウントは、語学的なtweetのみのものです。

鹿児島語の音韻的な特徴

2014-11-05

URL:by.taizona.jp/18sTC

閉音節語が非常に多い‧促音が非常に多い

原則的に、語末の音にアクセントがこない場合はその母音が欠落し、促音となる。

例) アル/aru//ar/→末尾の[ɾ][t̚]化→アッ[āt̚]

五七調などでいう「拍」の数え方が異なる(音節単位)

ピッチの高低の単位で見ると、近畿諸語などの「子音+母音」または「母音」+「ん」+「促音」がそれにならず、「長母音」や「(子音+)母音+子音(ん・促音を含む)」などが単位となる。 長音や促音は、直前の母音の音節に含まれ、ピッチ高低の1単位となる。

また、連続する母音もひとかたまりになり易く、その間でピッチの変化が起きにくい傾向がある。

例‐1) 警察官 /ケー・サッ・[カン]/ [keː.sak̚.kāɴ] 3音節

例‐2) /チョ・コ・[レー]・ト/ [ʨo.ko.ɾēː.to] 4音節

例‐3) 自衛官 /ヂ・[エー]・カン/ [ʥi.ēː.kaɴ] 3音節

鹿児島語のアクセント

2014-11-18

URL:by.taizona.jp/1gfOO

アクセントのパターン

末尾から見て、ひとつ目またはふたつ目の音節のピッチが高く発音される。 このふたつのパターンしか無い。

便宜上、最終音節にアクセントがくるものをA、最後から弐番目の音節にアクセントがくるものをBと呼ぶ。

A
例語発音記号表記
/ヨ[カ]/[jokā]良い
/マッゴ[タ]/[mak̚gotā]間違えた
/アマ[ミ]/[amamī]奄美
/オース[ミ]/[oːsumī]大隅
B
/[ハ]チ/[hāʨi]
/カ[ラ]ダ/[kaɾāda]
/ア[マ]ミ/[amāmi]甘味
/ア[ル]タ/[aɾūta]洗った
/カ[ゴッ]マ/[kagōp̚ma]鹿児島

アクセント位置の例

助詞などが付く場合、上記のアクセントパターン(A型/B型)は保たれる。

A
奄美奄美で
/アマ[ミ]/[amamī]/アマミ[デ]/[amamidē]
猫が
/ネ[コ]/[nekō]/ネコ[ガ]/[nekogā]
犬の
/[イン]/[īn]/イン[ノ]/[innō]
B
年間年間で
/[ネン]カン/[nēŋkaɴ]/ネン[カン]デ/[neŋkānde]
鹿児島鹿児島の
/カ[ゴッ]マ/[kagōp̚ma]/カ[ゴッ]マン/[kagōp ̚man]
九州九州から
/[キュー]シュー/[kjūːɕuː]/キューシュー[カ]ラ/[kjuːɕuːkāɾa]

鹿児島語のラ行音の変化

2014-11-05

URL:by.taizona.jp/XR5z

ラ行音にアクセントがこないとき、かつ母音が/i//e/または/u/の場合、その母音が欠落し、[ɾ]音は[j]または[t̚]と発音される。

例)

アル/aru/[āt̚]または[āj]

ソレ/sore/[sōj]

アリ/ari/[āj]

また、反対に、ラ行音にアクセントがくるとき、[t]音化する場合がある。

例)

柱→/ハシ[タ]/[haɕtā]

後ろ→/ウシ[ト]/[uɕtō]